SMTC1A 腰椎の評価と治療

本コースでは、最近の腰痛のトレンド、腰痛の分類、急性腰痛のマネジメント、腰椎の関節機能の問題に対する介入方法を中心に学習していきます。

腰痛(LBP: Low back pain)の機能障害因子には、関節機能、モーターコントロール、神経機能、心理社会面、筋・筋膜などがあり、そして、姿勢・習慣、職業・生活環境などの個人因子・環境因子が直接・関節的に影響を及ぼします。

可動域制限が原因のLBP は、隣接関節(胸椎・股関節)の可動域制限、筋力低下や不適切な運動パターン、また不良姿勢(立位・座位)や習慣などにより生じることが多いです。

セラピストは、どの問題がどのくらいの割合あるのか、どう影響しあっているのか評価し、介入していく必要があります。

”局所を治療することの重要性”と、”局所だけを治療することの問題点”を理解していきます。

脊椎徒手療法コースは、すべての受講者に適切な技術をフィードバックできるように、少人数にて開催しています。

実技を習いたい方、実際の評価・治療の流れを知りたい方、フィードバックを受けたい方はぜひご参加ください。

講義内容

学習目標

  • 急性腰痛のマネジメントを理解し、患者に対して適切な介入方法を選択・実施できるようになる。
  • 腰痛と姿勢の関係について理解し、座位姿勢に対して説明・介入できるようになる。

講義1:腰痛マネジメントに必要な知識

  •  腰痛の分類とは
  •  Yellow & Red flags:セラピストが知っておくべき重要知識
  • 慢性腰痛:対応と注意点
  • 画像と臨床症状の相違とは
  • Maladaptive VS Adaptive:疼痛回避姿勢と不適切な姿勢の鑑別
  • 腰椎の機能解剖:椎間関節、Coupled movement 
  • 急性腰痛のマネジメント 
  • 椎間関節 VS 椎間板:鑑別は必要?

講義2: 腰椎の客観的評価

  • 仙腸関節のスクリーニングテスト
  • 立位姿勢:ケンダルの分類、構造的側弯 VS 機能的側弯 etc.
  • 自動運動:屈曲・伸展・側屈・回旋
  • 複合運動:Box diagram の使い方
  • 他動生理的運動テスト:Hypomobility VS Hypermobility
  • 疼痛誘発テスト(他動副運動テスト):PA 
  • 疼痛軽減テスト

講義3:腰痛マネジメントの実践

  • 関節モビライゼーション:滑り・離開
  • 関節モビライゼーション+自動運動
  • ホームエクササイズ

受講要項

受講資格・理学療法士
・作業療法師
・柔道整復師
・鍼灸師
・トレーナー
*トレーナーは医療機関に勤務している臨床経験3年以上の方が対象となります。
受講料・一般申込:¥10,000(税込)
・新卒・卒後2年目のセラピスト:¥9,000(税込)
・再受講者:¥5,000(税込)
*当日、会場にてお支払いください。
定員・8名
開催日・開催時間:9:30 – 17:00(受付 9:15)
・開催日については「コース開催日」をご確認ください。
会場西東京かとう整形外科(外部リンク)
・最寄駅:西武池袋線保谷駅 徒歩2分)
・住所:〒202-0004 東京都西東京市下保谷4丁目12−21 リベルタ・ヴィラ1F
*西武池袋線 保谷駅は急行は止まりません。池袋、所沢からお越しの場合はお気をつけください。
申込方法・「コース開催日」の「受付中」をクリックし、参加申込フォームに必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
確認事項・お車でお越しの場合は近隣のパーキングをご利用ください。