PEDroスケールトレーニングプログラム

PEDro とは

PEDroとは、オーストラリアのシドニー大学が開発した理学療法の文献(RCT、システマティックレビュー、ガイドラインなど)に関するデーターベースです。

Physiotherapy Evidence Database の頭文字をとって、PEDですが、ro…はよくわかりません。

PEDro scale の解説(公益社団法人 日本理学療法士協会)外部リンク

PEDroは、RCTなどの介入研究をPEDro スケールというチェックリストで評価して、インターネット上で公開しています。

チェックリストは11項目があり、外的妥当性、内的妥当性、統計学的情報の記載や方法について、評価されます。

臨床試験の採点はオーストラリアだけでなく、各国の理学療法士によって行われています(ボランティアだそうです)。

PEDroスケールトレーニングプログラムとは

PEDroスケールトレーニングプログラムは「PEDro 採点者を教育・養成するオンラインプログラム」です。

オンラインプログラムなので、自宅・職場で、自分のペースでできます。

PEDro scale training program *英語のみ可能となっています。

費用はオーストラリアドルで50ドル、期間は3ヶ月となっています。

3ヶ月以内に、PEDro スケールの11項目について全11回で、学んでいきます。

実際にやってみましたが、各回、動画による説明、例題2文献、練習問題2文献があり、理解が深まるようになっています。

例題・練習問題は、整形外科分野以外の文献も多く、正直、この文献は興味ないなぁと思いつつも、辞書を片手に専門用語を調べながら読んで、例題・練習問題を解いていきました。まぁ、PEDroスケールだけを考えれば、詳細まで読む必要はないのですが。

最終試験は、5文献を渡され、実際にPEDroスケールで評価します。

11項目、合計50点になります(項目1の外的妥当性については点数に含みません)。

テストについてはフィードバックがあり、間違いについては解説が送られてきます。5点以上間違いがあると、なぜ間違えたのか、理解しているのか、確認があります。

オンラインプログラムを修了、最終試験を合格すると修了証がもらえます。

 

 

 

 

PEDroスケールの注意点

  • PEDro スケールは、臨床試験の内的妥当性、方法論的な質、バイアスのリスクを評価している。臨床試験の意義、一般化、外的妥当性については評価していない。
  • PEDro スケールが高い = その治療が臨床で有用である、というわけではない。
  • 治療効果の臨床的価値が十分あるかどうか、ポジティブな効果がネガティブな効果を上回っているかどうか、費用対効果、を考慮する必要がある。

などがあります。

PEDroスケールトレーニングプログラムですが、RCTなどの研究論文の読み方について興味ある方にお薦めです。

PEDroスケールトレーニングプログラムは、11項目+最終試験があるので、1週間に1項目ペースでやって、12週目に最終試験をする、というのが無駄のないスケジュールだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。