SMTC4 神経系の評価と治療:頚椎・上肢

本コースでは、疼痛の原因に応じた薬物療法の基礎知識、整形外科領域の末梢神経障害、痺れとは、頚椎椎間板ヘルニアと上肢の末梢神経感作の評価・治療について学びます。

神経障害性疼痛の患者を担当した場合、医師と連携した投薬コントロールが大切になってきます。

薬の副作用がでてきたらどうする? 薬の変更のタイミングは? 薬のやめかたは?など、セラピストが最低限知っておくべき薬の知識があります。

頸部痛以外に上肢痛が存在する場合、セラピストはまず腰部の関連痛なのか、神経や血管由来の疼痛なのか、判断する必要があります。

また、頸部痛+上肢の症状がある場合、頸椎症性脊髄症、肘部管症候群、手根管症候群などの疾患との鑑別も必要になります。

頸部痛、上肢痛、そして、痺れ、筋力低下がある場合はどうでしょうか?

頚椎椎間板ヘルニアの場合、椎間板の膨隆・髄核の脱出によって神経根が圧迫され、上肢の疼痛、異常感覚、感覚低下、筋力低下などが起こります。

評価から髄節レベルがわかれば、神経根の圧迫に対して圧迫を取り除く関節モビライゼーションが有効です。
 
一方で、感覚(触覚・痛覚)、筋力、反射といった神経学的テストは異常がないにも関わらず、神経ダイナミックテストだけ陽性の患者がいます。

神経ダイナミックテスト、神経の触診などによって、原因となっている神経を特定し、末梢神経の滑走性が低下している場合、滑走性を改善するために神経モビライゼーションを実施します。

脊椎徒手療法コースは、すべての受講者に適切な技術をフィードバックできるように、少人数にて開催しています。

実技を習いたい方、実際の評価・治療の流れを知りたい方、フィードバックを受けたい方はぜひご参加ください。

学習目標

  • 上肢症状のある頸部痛に対して、主観的評価・客観的評価から得た患者の症状(徴候や兆候)や情報に基づいて、個々の患者に適した介入方法を実施できる。
  • 原因による痛みの分類(侵害受容性疼痛・神経障害性疼痛・心因性疼痛)に基づいた薬物療法を理解し、医師と連携して投薬管理に関わる。
  • 末梢神経の機能解剖を理解し、椎間板ヘルニア、末梢神経感作の評価・治療が行える。

講義内容

講義1:上肢・神経系のイントロダクション

  • 原因による痛みの分類:侵害受容性疼痛・神経障害性疼痛・心因性疼痛
  • 末梢神経の機能解剖:頚椎・腰椎
  • 頸部と上肢痛の分類
  • Lanss scale / painDETECT

講義2:上肢・神経系の客観的評価

  • 頸椎椎間板ヘルニア・末梢神経感作にみられる姿勢とは
  • 整形外科テスト:頚椎・肩関節
  • 自動運動・末梢神経スクリーニング
  • 胸郭出口症候群の検査
  • 神経ダイナミックテスト
  • 神経学的テスト:感覚検査・筋力検査・反射
  • 神経の触診:正中神経・橈骨神経・尺骨神経の触診ポイントとは

講義3:上肢・神経系の治療

  • 頚椎椎間板ヘルニアの治療:徒手牽引・関節モビライゼーション
  • 上肢 PNSの治療:神経モビライゼーション・Slider/Tensioner
  • ケーススタディ

受講要項

受講資格

理学療法士、作業療法師、柔道整復師、鍼灸師

受講料

一般申込:¥10,000(税込)

早期申込割引:¥9,000(税込)

定員

8名

開催日

コース開催日」をご確認ください。

  • 1日目:9:30 – 17:00(受付 9:15)

申込み方法

コース開催日」の受付中をクリックし、参加申込フォームに必要事項を記入しお申し込み下さい。

会場

西東京かとう整形外科

  • 最寄駅:西武池袋線保谷駅 徒歩2分
    *西武池袋線 保谷駅は急行は止まりません。池袋、所沢からお越しの場合はお気をつけください。
  • 住所:〒202-0004 東京都西東京市下保谷4丁目12−21 リベルタ・ヴィラ1F

確認事項

  • 昼食は各自ご用意下さい。会場近くにコンビニ、飲食店があります。
  • 当院専用の駐車場はありません。お車でお越しの場合は近隣のパーキングをご利用ください。